看護師にも定年ってあるの?

  • 投稿日:

世間的には看護師には定年がないと言われれることがありますが、
実際に定年退職の規定はそれぞれの病院によって定められています。
看護師といえども労働者ですから、定年の規定があるのは当然で
国公立病院の場合は、公務員となりますので定年60歳を基準としていますし
民間病院でも定年は60~65歳の間で規定されているところが大半です。

ですから看護師に定年がないというのは間違っています。
しかし看護師の多くは定年退職になっても、その後も働き続ける人が多いです。
これは慢性的に人手不足になっていることから、病院側が定年後も再雇用する
ケースが多いためでしょう。

嘱託という位置づけになるケースが多く、給料は現役世代よりも少なくなります。
年齢的な問題により夜勤などは殆どないことも特徴でしょう。
一般職の場合は、定年後に新たな職場を見つけようとするのは大変ですが、
看護師の場合は国家資格さえあれば、あとは経験がものをいう世界ですから
それまでに積み重ねた経験が重視される職業と言えます。

新人看護師は毎年着実に増加していますが、それでも看護師は慢性的に
不足していますし、将来的には更なる高齢化社会が待っていることから、
定年退職になったとしても精神的、肉体的に働くことが可能と自分で判断できれば、
その後も可能な限り働き続けることができる職業と言えます。

そういう意味において、現実的に「看護師には定年がない」と言えるかもしれません。