看護学校を卒業して、看護師にならない人がたくさんいるらしい。

  • 投稿日:

看護学校を卒業した人の殆どは看護師になるというのが今までの常識でした、
そして現在でも看護学校を卒業した人の多くは看護師になっています。
しかし昔に比べると看護学校を卒業しても、そのまま看護師にならない人が増えてきています。
看護学校を卒業して看護師としての国家資格を取得しているにも関わらず、
看護師にならないのはどうしてでしょうか?

いくつかの可能性が考えられます。
手に職を付けたいから看護学校に通っていたという人
看護師の資格はとったけれど看護師以外に就職したという人
兎に角、看護師の資格だけが欲しかった人

看護師という職業は激務でストレスのかかる仕事です。
資格があればイザというときに潰しがきくのは看護師の場合は当てはまります。
看護学校を卒業しても、看護師になるのが目標ではない人にとっては
直ぐに看護師として働く必要はないのでしょう。
勤務時間も変則的ですし、残業などでしたくない仕事をするぐらいなら
資格だけとって別のやりたい仕事に就くという考えは不思議な事ではありません。

ただ、資格があっても実務経験が殆どない状態では、イザというときに
雇ってくれる病院があるかどうかは未知数です。
いくら人手不足とは言っても、全く実務経験がない人を簡単に雇えるほど
病院側も採用レベルを下げようとは思わないでしょう。

新人であれば教育をすることで、後々戦力になることを見越すことはできるでしょうが
資格だけとって何年か経過しているような人は採用されにくいでしょう。
それでも全く資格がない人に比べれば潰しがきくのは間違いありません。