希望しない診療科への異動で看護師をやめる人が多い

  • 投稿日:

希望しない診療科への異動を命じられて
看護師を辞める人が多いのだそうです。

小児科を希望していたのにホスピスへの異動を命じられる。
内科を希望していたのに外科に回される。
耳鼻科での業務が天職だと思っていたのに精神科に異動を命じられる。

大きな病院に勤務していると自分の希望とは違う場所へ
異動を命じられることは避けられません。
これは病院が一つの大きな会社組織だからです。

誰もが希望する診療科で働けるわけではなく
人手が足りないところに配属されるのは避けられないことです。
もちろんどうしても納得できなければやめるという選択肢もあります。

しかし次の病院に移動したからと言って希望の科に配属されるかは分かりません。
また希望の科に配属されたからと言って、次の配置転換で移動が無いとは言えないのです。
本当にやめるのが最適な選択なのかを考えてみてください。

そして同時に考えたいのが「ステップアップの機会」です。
配置換えは本当に理不尽なものなのでしょうか?
あなたが足りないものを学び成長する機会を与えようという
上司の考えがあるのではないでしょうか?

看護師として一生、平の立場でやっていきたいのなら別ですが
やはり経験が長くなるにつれて責任のある仕事も増えてきます。
すると一つの科のことだけがわかっていればいいというものではなく
もっと広い視野に立って物事を俯瞰的に見る必要があります。
そうした意味でも配置転換というのは視野を大きく広げ
看護技術を学ぶ大きなチャンスと捉えることもできるでしょう。
希望しない診療科への異動のメリットとデメリットを良く考えてみてください。