患者の立場から見ると向上心のない看護師は怖い気がする

  • 投稿日:

看護師の中には向上心がなく、とりあえず働いているだけという人もいます。
やる気や向上心がない看護師というのは患者から見てもすぐにわかるものです。
ちょっとした行動の中に向上心のなさが見て取れるからです。

そういった看護師は患者の立場から見ると、怖いなって感じることがあります。
注射や点滴をするときでも、雑に扱ったりするのを見てると怖いですし
落ちているゴミを拾う時の仕草などもやる気がある人と、そうでない人では
明らかに動き方に違いが出てくるものです。

自分では普通に仕事をしていると思っていても、周りから見ると違いは鮮明に映ります。
というのも、患者は常に暇で暇で何かを観察したりといったことに時間を割くしかない、
漫画やテレビを見るにしても限度がありますから、そうなると検温や診察、見回り時に
看護師を観察することは普通にあります。

そうなるとちょっとした仕草でもやる気がない人なのかも?と思ってみてしまうと
その後は自然と目で仕事内容を追っかけてしまうようになります。
そして「ああ、やっぱりあの人やる気なさすぎるわ。怖いな」となるわけです。

看護師の仕事は対患者、対意志、対看護師であるわけで常に人とのかかわりの中で、
看護という仕事をすることになりますから、仕事に対する向上心、やる気といった点は
十分注意して行動する必要があるでしょう。
いくら「仕事を辞めたい」と心の中で思っていても、それが態度に出てしまうようでは
看護師失格ですし人としても問題があると言わざるを得ません。