看護師は安定した職業と言えるのか?

  • 投稿日:

看護師は世間一般から見ると安定した職業と言えるのでしょうか?
結論から言うと「安定している」となります。
ここで問題になるのは、どういう意味で安定していると言えるのかです。
激務で夜勤などがあり肉体的、精神的に負担がかかるという労働環境で見れば、
安定しているとは言えないでしょう。
しかし、看護師という国家資格を持っていることによる就業先の確保、
という点で見れば看護師は非常に安定していると言えます。

看護師は慢性的に人材が不足している状態ですから、国家資格を持っているだけで
一般職に比べれば就職先の確保は容易になります。
そういう意味で売り手市場と言えます。
転職率が高いことからも、転職先を見つけるのが一般職よりも容易な証拠になります。
働く先がたくさんあると言っても、仕事の内容は激務だから安定してたとしても
あまりメリットはないと思ってる人もいます。

自分のライフスタイルを崩さずに看護師として自立するためには、
就職先の病院をしっかりと見極めるスキルが必要になります。
安定している=就職の口が多いというだけで、大半の就職先がブラックだとすれば
そんな安定など意味のないものと考えるのは仕方のないことです。
看護業界も人材が不足している点を補うために必死になっているので、
労働環境の改善まで手が回っていないのが現実です。
これからは、労働環境を正常化して出来る限り看護師に負担を掛けないようにすれば、
離職率、転職率も正常化していき適材適所で安定すると思われます。