大病院の看護師よりも、個人クリニックの看護師の方がストレスが少ないの?

  • 投稿日:

看護師は多くのストレスを抱えて仕事をしています。
それは大病院であっても個人クリニックであっても同じですが、
一般的には大病院よりも個人クリニックのほうが看護師にとっては
ストレスが少ないと言われています。

そもそも看護師が抱えるストレスの多くは人間関係と勤務時間の過酷さです。
人間関係に関しては、対患者、対医師、対上司、対看護師など
様々な方面で問題発生の可能性を抱えています。
中でも医師、上司、同僚などとの間で問題が発生すると解決が難しくなります。

勤務時間もシフト制で夜勤が続いたりすると体力面で削られますので、
最終的に心身的なストレスになって帰ってきます。
これらはどちらも大病院のほうが発生するリスクが高いと言われています。

大病院は人数も多いですし、抱える患者数も多くなります。
当然、仕事のボリュームも個人クリニックに比べると多くなりますし
問題が発生する可能性も高まります。
個人クリニックが絶対的に楽だと言ってるわけではありませんが、
一般的なケースにおいては大病院で働く看護師のほうが重度のストレスに
晒されているのが現状です。

これは医療現場でも昔から問題視されており、現場レベルで随時改善されていますが
何よりも人手不足という点が改善されない限りは問題の根本的な解決に
繋げていくのは難しいでしょう。
個人クリニックでも人手が足りないところでは大病院と同じように、
看護師が抱えるストレスは膨らんでしまいます。