最近の看護師さんって帽子かぶってないよね

  • 投稿日:

看護師さんといえば白い服に帽子のイメージが根強いのではないでしょうか。
しかし、最近の看護師さんは帽子をかぶっていません。
これにはいくつかの理由がありますので見てみましょう。

1.不潔な状態になりやすい
看護師の帽子は折りたたんで被るわけですが、長期間にわたって
洗わずにそのまま使用し続ける傾向があり不潔な状態になっていました。
この不潔という状態が重篤な院内感染を助長する可能性があるとして、
帽子の着用を廃止する病院が出てきました。

2.帽子の医療機器への接触
病院内は狭い場所で人が行き来したり、作業したりするため
帽子が医療機器に接触したり患者さんにぶつかったりしてしまいます。
それによって点滴の速度が変わってしまったり、医療機器の設定が
変わってしまうなどのリスクがあることも帽子着用の廃止に繋がっています。

3.男性看護師の増加および看護師服の変化
男性看護師が増加していることで、帽子が合わないといったことや
女性看護師がスカートではなくパンツを履くケースも出てきていることで
帽子が不釣り合いになっている現状もあります。

これらの原因、主に1番と2番によって看護師さんの帽子が廃止されました。
また、帽子を着用していても髪の毛の脱毛を防ぎきれないこともあり、
廃止したとしても衛生上問題になる可能性は低いと判断されました。
帽子をかぶっているイメージが強い看護師さんですが、
その見た目も含めて職場環境というのは日々変化しているようです。