医療現場への批判についての悩み

医療過誤が原因で医療現場を厳しく批判する報道が増えてきています。
患者さんの中にも医療従事者である私たちや医師に対して、
不信感を持っている方がいらっしゃいます。

確かに医療過誤によって被害を受けた方がいるのは事実ですし
そのような医療過誤はなくしていかなければなりません。
しかし、全てが全て問題になっているわけではなく
日々一生懸命やっている多くの医療従事者を責める必要があるのでしょうか。

患者さんとの信頼関係というものを報道という大きな目で
壊されてしまっているのではないかと思います。
これではそもそもより良い医療というものが成立しないような気がしています。

こんなときどうする?
基本的にマスコミはことを大げさに報道するという一面があります。
これは普通のことを普通に報道してもニュース性に欠けるからだと思われます。
ある意味では仕方の無いことかもしれませんが、
アラばかりを探されてしまうとたまったものではありません。

ですから、私は医療番組は極力見ないという選択をしました。
しかし、飲食店などで流れているテレビなどはどうすることも出来ません。
とあるお店で見たのが、手術内容を別室で待機している家族に
モニターで見せるという番組です。

さすがに驚いて失神しそうになってしまいましたよ。
番組の中では究極の情報開示として絶賛していましたが、
これは裏を返せばやましいことがなければ見せられるはずだ
見せられないということは裏で何をしているかも怪しいものである
ということを暗に示しているように感じたほどです。

このような手術映像をモニターで見せてしまうというのは、
正直なところかなりの悪趣味に感じてしまいます。
通常、人は肉親であれ他人であれ体を切り刻まれるのを見たいとは思いません。
それが治療行為であったとしても生々しいですし、
内臓などを直接見る必要性が感じられませんよね。

出産に立ち会うことでさえ、大量の出血を見ることになりますから
賛否両論があるぐらいです。

このような情報を公開することが素晴らしいことだ、
やましいことが無いから出来るんだというのは暴論でしかないでしょう。
情報開示や医療過誤の問題はそのようなことで解決できるものでは無いと考えます。
人間の好奇心というのは止まることを知りませんので、
一度でも踏み越えてしまうとどこまでも行ってしまいそうですよね。

そして一番大事なのは医療過誤を問題にするときに、
何が何でも情報開示すれば問題が解決するわけではないことです。
手術を開示することで手術そのものが改善するか、
医療過誤がなくなるかというとそうではないでしょう。

酷い医療過誤というものも中にはありますので、このような
情報開示で少しは問題も減るかもしれませんが
そうなってしまうと監視することが当り前になってしまって
監視しなければ心配というような状態になってしまいます。

医療者は信頼されるような努力をするべきですし、
患者側は信頼するように努力しなければならないのです。
双方向で歩み寄りをすることが医療現場では重要ではないでしょうか。
そういう点で言えば、マスコミは信頼関係を築けるような立場で
報道するべきだと思います。

看護師の仕事は至る所にストレスがあるため、精神的、肉体的に負担が掛かり
朝起きた時に「もう今日は出勤したくない...」と思うことも普通にあります。
そんな時は、無理に出勤するのではなく仮病でもかまわないので休暇を取得することも
選択肢として間違った事ではないと言えます。

休暇を取得すると他の看護師に迷惑が掛かるのは避けることができませんが、
あなた一人が休むことで看護が回らないような病院であれば、それはシフトの組み方
体制などに問題があると言えます。

毎月のように突然の休暇を取得したり、月に何日も仮病で休むことは許されませんが
半年に1回程度の頻度であれば人としてそういった感情になることもやむを得ないでしょう。
大事なのは、休暇を取得してしっかりと心身ともにリフレッシュすることです、
ずるずると連続で休みを取るようなことになれば看護師として失格と言われかねません。

仕事のことを考えて無理に出勤して、ストレスを溜め込んでしまうぐらいなら
いっそのこと休んでリフレッシュすることは間違っていません。
できることなら、突発的に休むのではなく前もってリフレッシュできるような
シフトになっていることが最適ではあります。

ただ、現実問題としてそのようなシフトが組めるなら、今日は出勤したくないと
思うような状態にはなりにくいとも言えるのです。
兎に角、無理に出勤して精神的に参ってしまうよりも、周りに少しぐらい迷惑をかけても
ゆっくり休んだ方が得策だと思います。
逆に他の人が同じように休むこともあるでしょうから、そこは暗黙の了解ということで
お互いにカバーしあえばいいのではないでしょうか。